So-net無料ブログ作成
検索選択
航空機 - 民間機【ANA系列】 ブログトップ
前の10件 | -

2011年3月:那覇空港から離陸するANAのB747-481D初号機 [航空機 - 民間機【ANA系列】]

那覇空港でJALが運航するB747-400型の最終便を見送り、寂しさを感じる頃。
もう一つの運航会社、ANAのB747-481D型が滑走路エンドに向かってきた。

_TN24719.JPG

今回の機体は、ANAのB747-481D型の初号機、JA8099。
1992年登録機なので、運航から20年が間もなく経とうとしている。

_TN24724.JPG

B747型の機首を臨むカットは、個人的に好きなアングル
もう、減勢していくばっかりだけに、撮れるタイミングで、たくさん撮らねば。

2011年3月:那覇空港に着陸するANAのB737-781 ゴールドジェット [航空機 - 民間機【ANA系列】]

那覇空港に到着し、JALのB747-400を撮るべく、空港を見渡す瀬長島付近に移動。
準備も程々に、撮影を開始していると、良い時間なので、着陸機が続々のアプローチ。
自衛隊機も頻繁にフライトしているし、今日はどんな機体が撮影出来るか、楽しみ。

_TN17217.JPG

すると、ANAのB737-781初号機になる、JA01AN、ゴールドジェットがアプローチしてきた。
天候がイマイチなのだが、主翼のライトが目立って、程良い感じかも。
よく見ると、レドームが円形に塗装が落ちているが、どうしたのだろうか?

2011年2月:雪の新千歳空港に離陸するANAのB777-281 [航空機 - 民間機【ANA系列】]

視程はイマイチで、昨日より極端に悪いコンディションの中、撮影を続ける。
出発機と到着機が交錯する中、続いては出発機の出番。

_TN16809.JPG

ANAのB777-281、JA8968がスレッジホールドから移動し、離陸に向け滑走開始。
昨日も撮った機体で、どうやら新千歳便は同じ機体に遭遇する確率が高いのでは・・・

_TN20009.JPG

先ほど着陸したANAのB777-381をバックに、軽快に離陸していく。
63.7mの-200型と、73.9mの-300型の長さの違いが、距離離れて居ながら、極端に見える。

2011年2月:雪の新千歳空港に着陸するANAのB777-381初号機 [航空機 - 民間機【ANA系列】]

昼前に到着した新千歳空港外周で、撮影を始めるも、視程は昨日より極端に悪い。
昨日の天候とはかなり違い、良いコンディション下で時間をムダにしていたことを悔やむ。
今日は今日で、アウトレット寄ったり、空港ターミナルに立ち寄ったりと、充実はしているが・・・

_TN16805.JPG

そんな適当な感じで待機している中、ANAが最初に受領したB777-381、JA751Aがランディング。
初期は風をイメージしたカラーリングを纏っていたが、4年程経った2003年頃には通常塗装に変更。
B777-300型機は、胴体長が73.9mもあるだけあり、存在感はそれなり。

_TN20005.JPG

改めて横から見ると、長いなぁ・・・という印象だが、B747ほどの印象が無いのは何故だろう?
主力機として活躍してる同機だけに、これからどう撮っていけば良いのか、いつも悩んでしまう。
そう言えば、次の政府専用機は、レイクド・ウィングレットが装備されたB777-300ER型だろうか?

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港に着陸するANAのB777-281 [航空機 - 民間機【ANA系列】]

更に陽も傾き、朱く照らされる新千歳空港の滑走路19エンド付近で撮影を続行。
冷え込みが厳しくなってきたのに加え、露出も段々と厳しくなってくる。

_TN16802.JPG

特に胴体下面が夕陽で染まり、不思議な色になりつつある、ANAのB777-281、JA8968。
機体の左右でも明るさが異なるシチュエーションで、ランディングライトが着いていれば・・・

_TN20154.JPG

ANAが1996年受領し、運航した2番目の機体であるが、既に15年が経とうとしている。
もう少しすると、後継機の話も出るかもしれないが、同型の新造機で入れ替えるのであろうか。

_TN20158.JPG

滑走路19エンドに向かって滑り込む姿も、もっとバリエーションのあるカットが撮れるかも。
また明日も、この付近に来て、撮影してみるか。

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港に着陸するANAのDHC-8-Q402 [航空機 - 民間機【ANA系列】]

引き続き、移動してみた新千歳空港の滑走路19エンド付近で撮影を継続することに。
昼過ぎで、太陽も出ているにも係わらず、それなりの冷え込みが続いている。
で、結局、アプローチしてきた機体が、撮影可能な距離まで、クルマの中に閉じ籠もる。

_TN16675.JPG

見慣れた高翼機ながら、カラーリングが違うので新鮮に見える、ANAウイングスのDHC-8-Q402。
目の前に、そのQ400型の納入初号機、JA841Aがアプローチしてきた。
もしかしてANAグループのQ400って、撮影した事が無かったかもしれない・・・

_TN16678.JPG

ANAウイングスは、エアーニッポンネットワークが存続会社となり、2社を吸収して改称した会社。
知らなかったが、2010年10月1日に2社、エアーネクスト、エアーセントラルが統合されている。
機体のレジは、ANKのKか、ANAのA、どちらが継承されるのか、新規登録機の動向が気になる。

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港に着陸するANAのB777 [航空機 - 民間機【ANA系列】]

午後になり、光線状況が変わったので、新千歳空港の滑走路19エンド付近で撮影を続けることに。
撮影ポイントも探り、寒さにも耐えつつ、バランスが難しいと感じながら、暖をとりながら留まる。
アプローチコースを考えつつ、周囲の景色も見ながら、行ったり来たりしてみるも、良く分からない・・・

_TN16668.JPG

そんな寒さと闘っている中、ANAのB777-281、JA701Aがアプローチしてきた。
寒さからなのか、思う様にレンズをホールド出来ず、縦に横にとぶれたカットを量産。
雪に反射する光で、胴体下面の一部が照らされ始め、ちょっと目立つ感じ。

_TN20102.JPG

普段見ていたのが、B777の中でも-300型が多かったので、短さにちょっと違和感を覚える。
なんだか、姿だけ見ると、B767とも間違いそうだが、主脚やテールコーンの形状が違う。
青空だけに、なんだかイマイチ締まりのないカットになってしまう。

_TN20107.JPG

主翼下が雪に照らされ、陰が少ない、いつもとは違うカットが撮れて、ちょっと嬉しい。
にしても、同じようなカラーリングの機体だと、飽きてしまいそうなので、模索をせねば。
そう考えると、木々を入れるか、それとも別な手段があるのだろうか・・・

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港に着陸するピカチュウジャンボ [航空機 - 民間機【ANA系列】]

新千歳空港のターミナルビルの反対側で、寒さに耐えつつ、撮影を続ける。
しかし、寒さに挫け、クルマエアコンで暖をとり、眠さに襲われ、負けてしまう・・・
気付いた時には、昼を過ぎて、光線状況が変わっており、移動することに。

_TN16647.JPG

仕方が無いので、今度は滑走路19エンド付近へと移動し、撮影を始めることに。
すると、ANAの“ピカチュウジャンボ”、B747-481D、JA8957がアプローチしてくる。
ジャンボの大きい機体で、更には黄色い胴体で、一目で分かるその姿が現れる。

_TN16659.JPG

那覇もB747が就航便の中で多いが、千歳も多くて、撮影する機会が多そうだ。
ポケモンジャンボが2種、撮影できる機会は今まで無かったので、ラッキーかも。
更には、この機体に1年近く出会う事が無かったから、相乗で嬉しかったり・・・

_TN20092.JPG

雪の反射で、胴体下にも光が当たり、陰も少なく、機体全体が撮影できた。
この機体は、後日整備でウィングレットを装着したこともあったっけ。
まだ装備していたらカッコ良いのか・・・可愛くなったのか、ちょっと気になるところ。

_TN20099.JPG

そういえば、この角度からのカットって撮ったこと、光線状況の関係で、無かったかも。
やっぱり、冬の新千歳空港って、寒いけれども、撮影には向いているのかもしれない。
今日は、この後、どんなカットが撮れるのか、楽しみだ。

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港に着陸するANAのお花ジャンボ [航空機 - 民間機【ANA系列】]

新千歳空港に到着し、周囲の撮影スポットから離着陸する航空機を撮影することにし、移動。
レンタカーで、周囲を確認しつつ、移動して辿り着いたターミナルビルの反対側で、撮影を続ける。

_TN20017.JPG

離陸したANAのB747-481Dに引き続き、カラーリングが異なる、JA8956がアプローチ。
通称“お花ジャンボ”で、2004年末からこのポケモンのカラーリングで就航している。

_TN20033.JPG

確かに、積雪した雪がレフ板代わりになって、機体下面まで良く見渡せる様になっている。
この氷点下の寒さであれば、陽炎でポヤポヤしたした写真にならないので、心置きなく撮影できる。

_TN20041.JPG

この撮影ポイントは、離着陸のシーン、タキシング、バックショットなど、多彩なカットが撮影できる。
新千歳空港に通って、撮影するのも面白いと、改めて認識できたので、通うとするか・・・

_TN20051.JPG

樽前山をバックにし、タキシングしてターミナルビルへと向かっていくカットも撮影出来る。
もっと早くの時期から来て、JALのB747-446Dを撮影したかったなぁ・・・

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港から離陸するANAのB747-481D [航空機 - 民間機【ANA系列】]

新千歳空港でレンタカーカウンターに立ち寄り、送迎車で店舗まで移動。
そして、早速レンタカーを借りだし、基本ともなるターミナルビルの反対側へと向かう。
まともに来たことも無い、新千歳空港の周辺なので、手探り状態で撮影スポットを探す。

_TN16589.JPG

撮影機材を取り出すと、丁度、ANAのB747-481Dが離陸に向け、タキシング中。
滑走路は19Rからの離陸の様で、あっと言う間に回頭をし、ホールド。
こんな風に撮影出来るんだと、いいなぁ・・・と思いつつ、脚立を持参しなかった事を後悔。

_TN20001.JPG

羽田行きのANA便、JA8964が樽前山をバックに、ぐんぐんと上昇していく。
程々の視程もあれば、良いカットも撮れる場所だと認識できたので、クルマの中で待機することに。
ところが・・・これが、思わぬ結果を生むことになるとは。
前の10件 | - 航空機 - 民間機【ANA系列】 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。