So-net無料ブログ作成
検索選択
航空機 - 曲技機 ブログトップ
前の10件 | -

2011年7月:但馬空港フェスティバル 2日目~team deepblues 演技篇 [航空機 - 曲技機]

兵庫県豊岡市で行われた但馬空港フェスティバルに、無事に今年も参戦。
いつもながら、見ていて楽しい曲技機ならではのフライトが始まる。

_TN10348.JPG

team deepbluesの室屋パイロット操るExtra300Sが背面のまま上昇。
但馬ならではの環境が、フライトを見ていて楽しませる。

_TN10491.JPG

なんか、一瞬、ふくしまスカイパークでのフライトを思い出させる様なカット。
今年こそは、きれいな紅葉をバックに撮影したいものだ。

_TN10501.JPG

あっという間の刻が過ぎ、演目も終盤となり、観客前をローパス航過。
そう言えば、ターミナルから見たことなかった・・・・来年は行ってみるか。

2011年7月:但馬空港フェスティバル 2日目~team deepblues 離陸篇 [航空機 - 曲技機]

兵庫県豊岡市、山を切り開いた場所にあるコウノトリ但馬空港。
そこで民間機がメインとなる飛行機フェスティバルが毎年開催されている。

_TN10317.JPG

今回の目当て、team deepbluesの演技飛行の時間が迫ってくる。
前日とは違い、キチンと睡眠をとっているので、暑さに耐えつつ、どうにか撮影

_TN10324.JPG

ツインリンクもてぎでのHaute Voltigeが無い今、この様な目線で臨む事ができる、数少ないイベント。
ランプエリアからのタキシング、そして離着陸シーンが見られるのがとても嬉しい。

_TN10333.JPG

スレッジホールド付近でスモークチェックと、グランドスピンを披露。
そして、パワーを入れ、軽快にスモークを吐きつつ離陸していく。

_TN10347.JPG

そして、そのまま背面飛行へと移行し、観客達を魅了していく。
さて、今日はどんなフライトを楽しむことができるのであろうか?

2011年7月:但馬空港フェスティバル 1日目~team deepblues [航空機 - 曲技機]

兵庫県豊岡市のコウノトリ但馬空港を舞台に行われる民間機がメインとなるフェスティバル
目当てのteam deepbluesの演技飛行の時間が迫ってくる。

_TN10099.JPG

当日の朝に到着したteam deepbluesの室屋パイロットが駆るExtra300Sが離陸。
離陸後、背面飛行で先ずは観客達にご挨拶。

_TN10238.JPG

順調にフライトが進み、曲技機ならではのフライトを堪能。
少し残念なのは、空色がイマイチで、スモークの見栄えがしないところ。

_TN27220.JPG

この時だけは賑わう但馬空港のターミナルビルをバックに航過飛行。
一体、どれ位の人たちがターミナルビルに集結していたのだろうか?

_TN27240.JPG

キレのあるフライトが詰まった時間が提供され、そして、機体は着陸してくる。
離着陸が間近で見られるのも、ローカル空港ならではで、とても楽しい。

2011年7月:福島県 あずま球場~ヤクルト×巨人戦 [航空機 - 曲技機]

福島県福島市に所在するあずま総合運動公園にあるあずま球場。
そこで、行われるヤクルト×巨人戦でdeepbluesの室屋パイロットExtra300Sでフライト

_TN27155.JPG

荒川に架かる橋で見上げていると、夕刻の色が付き始めた空にExtra300Sが登場。
一定の距離を保ちつつ、曲技を披露。

_TN19961.JPG

いつも通りの画も撮れたけど・・・ロケーションの失敗が痛い。
ルールは分かっていたけど、頭が回らなかったのが敗因・・・

2010年10月:空に散ったチャンピオン、ルノー・エカーレ [航空機 - 曲技機]

単発プロペラ機の曲技機界、アエロバティックスチャンピオン、ルノー・エカーレ。
2008年のHaute Voltige、2009年 世界選手権、そして2010年のヨーロッパ選手権で優勝。

_NSC0245.JPG

そんな凄技を持つ彼が、10月3日、Jodel DR 1050に搭乗中、還らぬ人となった。
ご冥福をお祈りします・・・

2010年10月:エアロスピリッツ りんご祭り ユルギス・カイリス その3 [航空機 - 曲技機]

2010年10月17日に2日目のエアロスピリッツ りんご祭りがふくしまスカイパークで行われた。
イベントの大取となる、帝王ユルギス・カイリスによるフライトが沢山の観客を魅了する。

_TN11707.JPG

圧巻のフライトもクライマックスを迎え、ローパスをメインとした内容となってくる。
会場右手からの進入で、コックピットを見せつつ、余裕そうにも見える航過。

_TN20290.JPG

そして、大量のスモークを吐出しながら、会場を煙に巻くかの航過が続く。
ユルギスは、スモークは体に毒・・・とか言っておきながら、観客は良いのかい・・・?

_TN20309.JPG

そして、着陸後にも観客前の滑走路中央に留まったかと思うと・・・
尾輪を持ち上げて、ブレーキをかけつつ、スモークも大サービス!

_TN11716.JPG

JUKAを駆ってのパフォーマンスも良いけれど、やっぱりスホーイが魅力的と思ってしまう。
大柄なアエロバティックス機だからなのであろうか。

_TN20326.JPG

圧倒的なフライトで魅了したユルギス・カイリスも、気がつけば御年58歳。
いつまで、こんなフライトを魅せてくれるのか、楽しみだ。

2010年10月:エアロスピリッツ りんご祭り ユルギス・カイリス その2 [航空機 - 曲技機]

2010年10月17日にエアロスピリッツ りんご祭り、2日目がふくしまスカイパークで行われた。
昨日も圧巻のフライトを魅せた、ユルギス・カイリスによるフライトが大取りで組まれていた。

_TN11653.JPG

彼が手掛けた飛行機、Su-26MXに乗り込み、ベデネイエフエンジンが独特のサウンドを響かす。
こんなコンパクトで軽量な機体に、360馬力ものエンジンを搭載し、機動性を確保されている。

_TN20228.JPG

観客の前でエンジンを安定させつつ、スモークでファンサービス。
こんな星形エンジンを搭載した機体も、もう造られないのであろうか・・・

_TN20236.JPG

離陸と共に、いきなりのコブラで度肝を抜くパフォーマンス
やるかなぁ・・・と思いつつも、キチンと撮れていないのが、残念なところ。

_TN11664.JPG

更には、低空で滑走路に進入し、大きくバンクを取りつつ航過飛行。
吐き出すスモークが晴れる暇も無いくらい、ローパスを続ける。

_TN20255.JPG

しかも、かなり低めのフライトで、観客は目の前で起こるフライトに圧巻される。
まだ、何かをやってくれそうな期待感が高まってくる。

2010年10月:エアロスピリッツ りんご祭り エアバンディッツ その3 [航空機 - 曲技機]

ユルギス・カイリス、室屋 義秀両パイロットによるエアバンディッツのフライト
異機種の編成ながらも、キレイなフォーメーションを披露。

_TN20162.JPG

今回のフライトでは、低空飛行もさることながら、クロスが沢山盛り込まれている。
ついつい、どっちを追って良いのか、悩んでしまいそう。

_TN20171.JPG

何とか撮れているが、ベストなタイミングでは無いのが、またもや残念なところ。
いつもながら、どうやって練習したら、こんなフライトを出来る様になるのであろうか。

_TN20184.JPG

圧巻のフライトを終え、地上に舞い戻ってくる。
そして観客の前で、再びスモークを大量に吐き、ファンサービス。

_TN20213.JPG

両パイロットを称えつつ、熱気に包まれたファンの目の前に登場。
この後、室屋パイロット、ファンサービスで帽子を投げていたよなぁ・・・

2010年10月:エアロスピリッツ りんご祭り エアバンディッツ その2 [航空機 - 曲技機]

10月17日にエアロスピリッツ りんご祭りの2日目が、ふくしまスカイパークで行われた。
昨日とはプログラムが一部変わっていたりする。

_TN20121.JPG

昨日のエアバンディッツの圧巻のフライトを見て、またも期待が膨らむ。
ユルギス・カイリス、室屋 義秀両パイロットの凄技を間近でみるチャンス

_TN20129.JPG

観客席前でのスモーク吐き出しで始まり、会場を熱気に包むかの様。
両機は、それぞれ別の滑走路端へ向かって、移動していく。

_TN20138.JPG

今日こそはと思い、手前側に来るユルギスのSu-26MXを追い続ける。
どうにか、クロスの瞬間を撮影に成功。

_TN20143.JPG

初っ端からのクロスに続き、昨日同様の2機によるフォーメーションでのパス。
即興のチームながら、低速で飛ぶ機体同士で、この体勢が続けられるのが凄いところ。

フライトは、まだまだ続いていく。

2010年10月:エアロスピリッツ りんご祭り deepblues その2 [航空機 - 曲技機]

10月17日にふくしまスカイパークで行われたエアロスピリッツ りんご祭りの2日目。
昨日に増し、多くの飛行機ファンで溢れかえっていた。

_TN11451.JPG

フライトを前に、会場も段々と熱気を帯び、その瞬間を待ち受ける。
軽快なエンジン音が聞こえてきたと思うと、スモークを曳きつつ、あっという間にテイクオフ。

_TN11454.JPG

ポジションを昨日とは変えての撮影で、機体のアップが狙えそう。
光線状況も良く、こっちに移動してきて正解かも・・・

_TN11514.JPG

ちょっと、空撮っぽい感じもするカットが撮影できた。
残念なのは、キャノピーに掛かる光の反射。

_TN11520.JPG

機体のディティールまで良く分かる、観客と近いフライトは、やっぱり迫力が違う。
午後のエアバンディッツのフライトも、また楽しみだ。
前の10件 | - 航空機 - 曲技機 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。