So-net無料ブログ作成
検索選択
航空機 - 海上自衛隊機 ブログトップ
前の10件 | -

2011年1月:エアーフェスタ 2010 in 那覇 P-3C展示飛行 [航空機 - 海上自衛隊機]

航空自衛隊の航空祭ではあるが、エアーフェスタ 2010では、海上自衛隊の機体もフライト。
那覇基地に所属する第5航空群 第5航空隊のP-3Cがその出番を待つ。

_TN21153.JPG

航空自衛隊のランプエリアに、これからフライトを実施するP-3Cが登場してくる。
機体繰りなのか、衛星通信アンテナや、防御システムが更新された機体では無いのが残念。

_TN13103.JPG

デモンストレーション飛行が開始され、会場航過時に第4エンジンを停止し、フェザリング。
もうちょっと激しいフライトや、ウェポンベイオープンの方が、機体性能も分かって良いのでは・・・

_TN13113.JPG

再び会場を航過し、第4エンジンを始動するも、会場を航過し終わってからのリスタート・・・
ターミナルビルで見る分には、再始動が分かったろうが、一体、ショーセンターはどこ?

_TN21281.JPG

短いデモフライトを終え、民航機の間で着陸し、会場正面から戻ってくる。
海上自衛隊だけではなく、海上保安庁のフライトも見てみたいかも。

2010年4月:那覇空港で空を眺める~海上自衛隊 P-3C篇 [航空機 - 海上自衛隊機]

天気が良くなってきたので、那覇空港へ移動し、暫く撮影をすることに。
風向きは撮影しやすいランウェイ36で、のんびりと空を眺めながら、着陸機を待つ。

_TN25146.JPG

瀬長島を回り込んで着陸進入してくる、海上自衛隊 那覇航空基地所属のP-3C。
遠いなぁなんて思いながらも、ついついシャッターを押してしまう。

_TN25153.JPG

下方から見上げると、かなりのバンクを取っているように見える。
にしても、天気が良すぎてシャッタースピードが落とせない・・・

_TN25169.JPG

干潮気味の海は砂浜が続き、期待下面に砂浜が映り込む。
でもやっぱり、もっとギラつく太陽の下の機体が撮りたいかも。

2010年2月:那覇空港でタッチアンドゴーを繰り返すP-3C [航空機 - 海上自衛隊機]

午前中の嘉手納飛行場の一騒ぎ、米空軍のB-52が離陸していった後は、フライトが大人しめ。
ぼーっと、海を眺めながら撮影するのも良いが、暇には耐えられず、那覇空港へ移動。

_TN17650.JPG

今日も那覇空港の離陸機は、ランウェイ18からの離陸のため、瀬長島で撮影することに。
海上自衛隊の那覇航空基地所属、第5航空群 第5航空隊のP-3Cがタッチアンドゴーを繰り返していた。

_TN17677.JPG

日が落ち始め、夕陽でP-3Cの機体が朱く染まる。
もうちょっと早めに、嘉手納から移動しとけば良かったかなぁ。

2009年11月:那覇空港にアプローチするU-36A 訓練支援機 [航空機 - 海上自衛隊機]

海上自衛隊 岩国航空基地 第31航空群 第91航空隊所属のU-36A訓練支援機が着陸してきた。
リアジェット社が1970年代に開発し、発売していたリアジェット36を6機輸入し、新明和で改造。
1987年より配備され、現在開発中のP-1まで、ずっと海上自衛隊、唯一のジェット機であった。
しかしながら、9203号機、9202号機は事故により抹消され、残すところ4機となっている。

_TN11788.JPG

最初に着陸してきたのが、蛍光オレンジの塗装が目立つ、9205号機。
胴体下面には航法・気象レーダーが装着されている。

_TN11849.JPG

続いてアプローチしてきたのは、導入初号機となる9201号機。
右主翼端には、ミサイルシーカー・シミュレータ、左翼は記録用カメラ装着されている。

_TN11851.JPG

ふと気付くと、昔は装着してあった胴体下面のレーダーが取り外されてる!
スッキリと、ビジネスジェットらしさを取り戻しているが・・・う~ん、なんでだろう?

この機体も機齢が20年を超したので、後継機が考えられても良い頃。
全幅 12.04m、全長 14.83m、全高 3.73mと小型の機体なので、 どんな機体が計画されるのか。
ちょっと速度は遅いけど、Honda Jetなど後継にいかがです?、海上自衛隊さん。

2009年10月:夕暮れの那覇空港で~海上自衛隊 P-3C [航空機 - 海上自衛隊機]

夕暮れの那覇空港でNikon D300sを試す機会と思い、撮影をすることにした。
本州とは違い、日没も遅いため、6時過ぎまで撮影することにした。

_TN16640.JPG

夕日で空が朱く染まる中、海上自衛隊のP-3Cが精力的にタッチアンドゴーを行っていた。
海上自衛隊のP-3Cがロービジ化、部隊マークが消された状況だと、こんなカットだと、どんな場所で撮っても一緒の様な・・・

_TN16590.JPG

民間機のトラフィックの合間を縫いながら、78号機が進入を繰り返す。
機体の塗装が白と、グレーからロービジ化されたことで、機体の汚れが目立たなくはなっているが、写真のアクセントが無くなってしまったのも残念。

_TN16842.JPG

日没も迫り、フラッシュライトなどが目立つ様になってきた。
日が落ちれば、もっと印象的なシーンも撮れると思ったが、残念ながらフルストップ。

_TN16697.JPG

夕暮れの中、ギアダウン状態で、ダウンウィンドを飛行中。
色鮮やかな夕暮れで、撮影したいものだ。

2009年6月:那覇基地で撮った写真・・・ [航空機 - 海上自衛隊機]

天候が悪く、撮影に不向きな雨空。
午後になって、天候が回復するとのことで、行くだけ那覇基地のエンド付近に行く。

_NSC2598.JPG

結局、まともに撮った写真は今日はこれだけ。
明日は、もっと良い写真も撮れるかなぁ。

2009年5月:南極観測船「しらせ」用、新型ヘリCH101 [航空機 - 海上自衛隊機]

アグスタウェストランド社が開発した、EH101ヘリコプター。
海上自衛隊の南極観測船「しらせ」搭載用に、S61A-1の更新機材として、文部科学省の予算で、新たに3機がCH-101として調達された。

_NSC1904.JPG

現在、2機目が完成し、川崎重工でテスト中。
南極用のカラーリングのため、氷上でも目立つ色にされているが・・・
日本の夏場は、かなり暑そう。

新造された「しらせ」と共に、南極観測で活躍することであろう。

厚木基地 第51航空隊所属のSH-60J [航空機 - 海上自衛隊機]

海上自衛隊 厚木航空基地で、機体の研究開発などに携わる、第51飛行隊所属のSH-60J。

_NSC0486.JPG

SH-60Jもロービジ化され、撮り辛くなってきた。
暫く見ないうちにこんなになっていたかと、これまた浦島太郎状態。

やっぱり今年は、頑張って撮影しよう。

海上自衛隊 厚木航空基地のP-3C [航空機 - 海上自衛隊機]

海上自衛隊 厚木航空基地所属の第4航空群 第3飛行隊所属のP-3C。
昔、撮影していた頃とはカラーリング変わり、派手だったP-3Cもロービジ化され、何とも微妙な気分。

_NSC0565.JPG

珍しい角度、滑走路を斜めに横切る形で基地上空を航過。
その後、タッチ・アンド・ゴーを繰り返していた。

_NSC0569.JPG

通常の、滑走路延長線上へ進路を取ると、こんな感じ。
先のアプローチは何だったのだろうか?

_NSC0502.JPG

昔と違って、エンド付近に建物や土盛りなどの構造物があって、撮影条件が悪化していた。
暫く行かないと、造成中の公園も含めて、こんなに変わっているのかと、浦島太郎の気分。

これから、たまには厚木にも通ってみるか。

2009年3月:久々の厚木基地で~SH-60K [航空機 - 海上自衛隊機]

久々に車検ついでに、米海軍 厚木航空施設に立ち寄ってみることにした。
天候は雨がぱらつく微妙な曇り空、いつものフェンス際にクルマを駐め、撮影をすることにする。

_NSC0411.JPG

そんな中でも、海上自衛隊のSH-60Kがタッチ・アンド・ゴーを繰り返していた。
年度末のせいもあってか、トラフィックは極端に少なめ。

_NSC0312.JPG

時折、P-3Cや米海軍のSH-60Bとのトラフィック調整をしながら、上空を飛び去っていく。
SH-60Kを真下から見上げるのは久しいが、なんだか長っ細い印象が・・・

_NSC0420.JPG

SH-60Jをベースにキャビンを拡大しているから、見慣れないから、違和感を感じるのは当然か。
胴体下のレーダーは、かなり強力だと聞くが、どれ位なのだろうか?
前の10件 | - 航空機 - 海上自衛隊機 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。