So-net無料ブログ作成
航空機 - 米空軍機 ブログトップ
前の10件 | -

2011年9月:三沢基地航空祭~B-52H航過飛行 [航空機 - 米空軍機]

気になるデモフライトが予告されていた、三沢基地航空祭。
U-2は天候の関係でキャンセルとなり、もう一つのB-52Hはというと・・・

_TN12412.JPG

8発のTF33エンジンを吊り下げた長い主翼の機体が、黒煙を曳きながら接近。
フライト姿を見るのは、グアムで見て以来だから、何年ぶりだろうか。

_TN27548.JPG

機齢も高く、ほぼ50年選手ながらも、存在感はあり、まだ70機ほどが残存している。
1パスで終了せずに、もうちょっと、飛んでいる姿、見せて欲しかったなぁ・・・

2011年9月:三沢基地航空祭~F-16デモフライト [航空機 - 米空軍機]

先月の千歳基地航空祭に引き続き参戦した、三沢基地航空祭。
日帰りでの強行軍のため、眠さが爆発中ながらも、ジェットサウンドで目が覚める・・・

_TN11894.JPG

前回見た、千歳基地航空祭でのF-16のデモは、ギアのマイナートラブルで途中中断。
かなり消化不良気味な内容だっただけに、今回のフライトに期待してしまう。

_TN11902.JPG

前日までの荒れた天気、そして湿度のせいで、盛大にペイパーが発生。
予想以上の出方で、びっくり。

_TN11878.JPG

前回とは違い、順調にパワフルなシーケンスをこなし、縦横無尽に飛び回る。
小型な機体ながらも、存在感は抜群。

_TN11860.JPG

千歳でのモヤモヤ感を晴らすかの如くのスッキリとしたフライト。
これが見たかったんだよなぁ・・・

2011年9月:三沢基地航空祭~オープニング終了、そして着陸 米軍機篇 [航空機 - 米空軍機]

無謀にも日帰りで挑み、いきなり到着時から眠い、三沢基地航空祭。
眠気も吹き飛ぶ様な、心地よいジェットエンジン音が響き、オープニングフライトが行われた。

_TN11708.JPG

終了後は、先ずは米軍のF-16Cが着陸し、会場前を滑走していく。
両翼に増槽と、翼端にはミサイルを装着してのフライト。

_TN11725.JPG

着陸してきた中には、尾翼にキチンとマーキングされた機体も存在。
5AFと、第5空軍のマーキングを施した機体。

2011年8月:千歳基地航空祭~米軍F-16デモチーム [航空機 - 米空軍機]

今シーズン初となる千歳基地航空祭に、日帰り撮影に出かけることに。
列線にならぶ三沢基地所属の米空軍機が気になっていたが・・・

_TN11201.JPG

軽快に離陸した機体は、先ずは観客席前を水平飛行でごあいさつ。
久々に見るデモチームの演技に、どんな演目があるか、期待が募る。

_TN11202.JPG

観客を背にし、大きく新千歳空港側にターンし、会場に戻ってくる。
が、旋回途中からどうやら様子が変な感じ・・・

_TN11204.JPG

今度は、観客の前で脚下げのダーティー状態での航過を実施。
どうやら、脚関連のマイナートラブルでデモを打ち切る模様。

_TN11221.JPG

折角の、航空祭の運航調整もむなしく、途中で着陸となってしまう。
前日もバードストライクがあったみたいだし、何にしても安全第一だな・・・

2011年2月:嘉手納飛行場にアプローチするF-16アグレッサー その3 [航空機 - 米空軍機]

より風が増してきて、涼しくなってきた嘉手納飛行場近く、砂辺馬場公園付近で撮影を続ける。
夕暮れ時のキレイなカットを期待するも、思った様な光線状態にはならず、そのまま撮影続行。

_TN15241.JPG

頭上を通過して行った2機編隊は、オーバーヘッドアプローチでブレイクしていく。
いよいよ、本日のフライトしていたアグレッサー機も全て帰還となった模様。

_TN15253.JPG

先に降りてきたのは、グレー系の塗装機で、タイトな旋回でアプローチしてくる。
夕暮れの微妙な光線なので、思った様な色には見えず、暗めの印象を受ける。

_TN15305.JPG

そして殿となった同系統の塗装を纏ったF-16も、間もなく滑走路に滑り込もうとしている。
それにしても、こんなに小さなエアブレーキで、効果はどれ位なのか、いつも気になってしまう。

さて、嘉手納での撮影も終了したし、ホテルへ帰還することにしよう。

2011年2月:嘉手納飛行場にアプローチするF-16アグレッサー その2 [航空機 - 米空軍機]

嘉手納飛行場に進入する機体を見渡す、砂辺馬場公園付近の防波堤付近で撮影を続ける。
進空していたF-22ラプターは、全機着陸したので、期待するのは残りのアグレッサー機、F-16。

_TN15135.JPG

すると、今度は4機編隊を組んでの帰還となり、これまた同様にオーバーヘッドアプローチを実施。
4機編隊なので、基地の滑走路エンド上空ギリギリまで行った模様で、かなり大回りをしていた。

_TN15156.JPG

始めに着陸したのは、第354戦闘航空団、第354戦闘航空群司令の指定機となっている機体。
この第18教導飛行隊の部隊名は、“Blue Foxes”で、運用機体はF-16C/Dのブロック30。

_TN15170.JPG

今回の派遣されてきた機体で、塗り分けで構成数が少ない、ブラウンと緑の塗装機。
夕方だけに、かなり撮影しづらい塗装で、なかなかのクセ者。

_TN15201.JPG

やはり、青系の塗装機隊は、明るさもあって、撮影し易いのが好印象。
ふと気付いたが、この機体だけ、翼下の外側のステーションのパイロンが外されている・・・

_TN15225.JPG

最後に降りてきたのは、グレー系の塗装を纏った機体で、進空中の機体は残り2機となった。
帰り道の国道58号線の渋滞、諦めてハマるとして、最後まで撮影することにしよう。

2011年2月:嘉手納飛行場にアプローチするF-22ラプター その2 [航空機 - 米空軍機]

段々と涼しくなってくる、嘉手納飛行場へアプローチする機体が良く見える、砂辺馬場公園付近。
クルマから上着を取り出し、強くなってきた風対策をしつつ、次の着陸機を待ち構える。

_TN15342.JPG

先ほどと同様に、基地の滑走路上空でブレイクするオーバーヘッドアプローチを実施。
前の編隊よりも手前でブレイクするも、思った様な光線状態では無く、ごく普通のカットに。

_TN15353.JPG

夕陽の中を・・・と期待するも、朱味を帯びるわけでもないが、不思議な色の中に包まれる。
タイミングが合えば、真っ赤な夕陽に照らされる機体を撮影してみたいものだ。

_TN15414.JPG

F-22はキャノピーのサイズからして、全長はそんなに長くは無いが、F-15よりも大きく見える。
全長はF-15の19.43mより、機首部分が短い為か、18.92mで60cm程、小ぶり。

_TN15396.JPG

ほぼ同条件ながらも、機体姿勢の違いで、キャノピー後方が夕陽に照らされる。
毎回ながら、角度によって、撮りづらい、画になりにくい機体だと痛感させられる。

_TN15378.JPG

やっと分かったのは、翼面積が大きい事実で、78.04m²にもなり、畳敷だと50.67畳にもなる。
F-15だと56.5m²、36.69畳なので、比べて約14畳分も広ければ、大きく見える訳だ・・・

2011年2月:嘉手納飛行場にアプローチするF-16アグレッサー その1 [航空機 - 米空軍機]

同じく、嘉手納飛行場にアプローチする航空機を見上げる、砂辺馬場公園付近で撮影を続ける。
先ほどは、F-22ラプターが先陣をきって戻ってきたが、今度は敵役も戻ってきた。

_TN15076.JPG

ラプターと同様に、基地上空を航過、ブレイクし、オーバーヘッドアプローチを実施。
今度は機体が小さいだけに、撮るのも難しいかと思いきや、タイトな編隊で撮影可能。

_TN15090.JPG

最初に降りてきたのは、グレー系の塗装で、その中でも、一番撮影タイミングが多かった機体。
どれ位の高度でDACTをしてきたのかは分からないが、沖縄の空だと、かなり目立ちそうな塗装。

_TN15114.JPG

続いての、青系を纏った機体を見ていると、ロシア機を想定した塗装だが、何となく違和感が。
良く考えてみると、グレーが多いのと、青系統が若干暗めだからと、改めて納得してみたり。

2011年2月:嘉手納飛行場にアプローチするF-22ラプター その1 [航空機 - 米空軍機]

嘉手納飛行場へアプローチする機体を見渡せる、砂辺馬場公園付近で撮影を続ける。
段々と陽も落ちかけ、一部、空が朱く染まってきており、良いシチュエーションになってきた。

_TN14978.JPG

頭上を2機編隊で航過し、基地上空でブレイクし、オーバーヘッドアプローチを実施。
ダウンウィンドレグへ進入した機体は、やや小さめに旋回しつつ、近づいて来る。

_TN14984.JPG

小さめの旋回だったため、珍しくギアダウンのダーティー状態では無い、背面が撮影出来た。
改めて見てみると、機体上面にも色々とダクト等が設置されていることが分かる。

_TN14997.JPG

そして、ギアダウンし、これまた珍しく大きくバンクを取りつつ、ファイナルレグに乗せていく。
夕陽をバックにしての進入のため、機体の下部が照らされ、浮かび上がっている。

_TN15017.JPG

そして僚機は大きく旋回したので、早めにファイナルでは直進状態となり、いつも通りのカット。
いつもとの違いは、首脚に着陸灯が点灯していることが確認できる位であろうか・・・

2011年2月:嘉手納飛行場を離陸するF-22ラプター [航空機 - 米空軍機]

道の駅かでなで、F-16の離陸を撮り終え、ふっと一息つくと、今度はもう一つの目当てが動き出す。
同じくアラスカから展開する、掩体で運用されるF-22が滑走路端へ向かい、動き始める。

_TN14761.JPG

2月始めながらも、天気が良いので陽炎が発生し、ボヤけた感じに。
後方のもう1機も準備中で、どうやら4機程が離陸に向け、移動する模様。

_TN14762.JPG

先ずは、最初の1機目が離陸し、早めに高度を取りつつ嘉手納を飛び立っていく。
やはり、機首周りから主翼に続くラインが、ステルス機らしく、特徴的。

_TN14773.JPG

続いて2機目も離陸し、徐々に高度を取りつつ、目の前を通過していく。
光線の具合で見えたウェポンベイは、場所の割にエアインテイクの造り付けが良く出来ている。

_TN14794.JPG

そして、3機目も離陸し、高度を取るべく上昇していく。
胴体下が日陰にならず、米空軍のマークが機体後部、主翼下にあることを改めて発見。

_TN14809.JPG

そして最後の1機、4機目もDACTをすべく、嘉手納を離陸していく。
この機体の塗装、視認性が微妙な、良く出来た塗装だと発見できた、離陸シーンであった。
前の10件 | - 航空機 - 米空軍機 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。