So-net無料ブログ作成
航空機 - 民間機【JAL系列】 ブログトップ
前の10件 | -

2011年3月:那覇空港に着陸するJALのoneworld塗装を纏ったB777-346 [航空機 - 民間機【JAL系列】]

那覇空港を臨む、定番となっている瀬長島付近で撮影を継続する。
天候も微妙になってきたので、もうそろそろ、撤退のタイミングと見るべきか。

_TN24726.JPG

どんどんと変わっているJALのB777-346、JA752Jがアプローチしてくる。
ワンワールド塗装ながら、統合前にJAS発注の機体で、このJALカラーを初めて纏った機体。

_TN24734.JPG

これからのJALの主力機種になるのだが・・・搭乗するにはイマイチ好きになれない。
この後継機って、どう選定されていくのであろうか。

2011年2月:雪の新千歳空港に着陸するJALのB767-300 [航空機 - 民間機【JAL系列】]

千歳空港から新千歳空港へと移動し、外周からターミナルビルを臨む位置で待機。
いよいよ寒くなり、日も暮れて、札幌への帰りも不安なので、もうそろそろ切り上げようと決断。
今日、最後の撮影機体は何になるかと期待していると・・・

_TN17039.JPG

JALのB767-346、JA8980がライトを点灯しつつ、除雪された滑走路へアプローチ。
もしかすると、この時間帯で天気が良ければ、良いカットが取れる場所かも。
それにしても、これだけの施設の除雪作業、一筋縄ではいかないハズで、努力が窺い知れる。

_TN17046.JPG

干、機首上げをして、ランディング間近の体勢に。
エンジンのスラストが見え、そして主翼のしなるが印象的になってくる。
やはり、B777の大型機よりも、スマートな印象を受ける。

_TN17056.JPG

完全に着地し、スラストリバーサの展開、そしてブレーキを掛けて減速中。
路面凍結もあるだろうし、減速時、加速時は気を遣うのではないだろうか。
改めて気付くと、ワンワールド塗装機で、今日の締めくくりとして、丁度、良いかも。

_TN17061.JPG

JALのロゴマークも鶴丸に変更になり、そして文字表記も変更されている。
この後のタイミングで、塗装変更がされていくだろうが、どのように変化するのであろうか。
さて、何とか撮影出来たので、札幌のホテルに向け、移動を開始しよう。

2011年2月:雪の新千歳空港に離陸するHACのSAAB340B [航空機 - 民間機【JAL系列】]

夕方になり、出入りが多くなってきた新千歳空港で、撮影を継続することにする。
ご当地ならではのローカル機体を撮影していないことに気付き、撮影を試みるも・・・
なかなか見られない中、お目当ての機体を撮影する機会に恵まれた。

_TN17032.JPG

北海道エアシステム所属のSAAB 340B-WT、JA01HCがランディングしてきた。
WT型を運用しているのは、珍しく、なかなか見る事も無いので、ちょっと嬉しくなる。
WT型は主翼端を両翼共に0.6mずつ延長し、離着陸時の安定性を高め、プロペラブレーキとAPUを装備。

_TN17038.JPG

日本エアシステムが北海道と第3セクターで開業し、そしてJALが継続して事業を展開。
しかしJALは出資比率を引き下げ、事業から手を引いたことで、JALグループから離脱が決定。
カラーリングはまだ決まって居ない様で、順次3機の機体は塗り替えが進むのだろう。

2011年2月:夕暮れの新千歳空港に着陸するJEXのB737-446 [航空機 - 民間機【JAL系列】]

今日の締めくくるつもりで移動した、民航側の新千歳空港の外周で撮影。
寒さも身にしみつつ、さらに余り発色の良くない光線状態で、テンション低め。
とは言いつつも、まだ撮れる状況なので、撮影を継続する。

_TN16977.JPG

JALエクスプレス所属のB737-446、JA8991がアプローチしてくる。
新千歳空港の長く、広い滑走路では、それなりの機体規模ながら、小さく見えてしまう。
同社でも-400型の運航機よりも、737NGが増勢し、置き換えが進んでいる様だ。

_TN16986.JPG

この位置関係ながらも、後方のB747の大きさが引き立っている。
個人的には、乗ってみた感想は、こぢんまりとしていて、気配りが行き届く機体という印象。
機会があったら、また乗ってみたいなぁ。

2011年2月:夕暮れの新千歳空港に着陸するJALのB777-346 初号機 [航空機 - 民間機【JAL系列】]

航空自衛隊 千歳基地での撮影を終了、そして離れ、再び民航側の新千歳空港へと向かう。
行ったり来たりしつつ、やっとながら、空港周辺の地理も、少しずつ理解できてきた。
場所によっては、自衛隊機や民間機を撮影しつつ、空いた時間で鉄道も撮れてしまいそう。

_TN16965.JPG

夕方になり、陽も傾き始め、ランディングライトが目立つようになった機体がアプローチしてくる。
見える限りで機体の塗り分けから判断するに、どうやらJALの機体の様だ。
着陸に向け降ろされている主脚が大きく、印象的だ。

_TN16972.JPG

スラストリバーサが展開され、制動をかけつつ減速しているB777-346、JA8941。
1998年にJALが受領したB777-300型の初号機で、スタージェット時の愛称は“レグルス”。
そういえば、受領時は前の鶴丸を纏ったカラーリングだったっけ。

_TN20019.JPG

いつの間にか特別塗装も剥がされ、通常塗装に戻されているが、この機体は着せ替えが多い。
鶴丸の旧塗装、前JALカラーになり、現在に至るが、その間には多種の特別塗装を実施。
“シドニーオリンピック”、“JAL悟空”、“ワンワールド”、“コブクロ”、ちょっと前まで“ドラえもん”。

新しく発表された新生、鶴丸JALの機体は、いつになったら見られるだろう・・・

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港に着陸するJALのB767-346 [航空機 - 民間機【JAL系列】]

昼間よりも冷え込みが厳しくなり、段々と陽も傾いてきた新千歳空港の滑走路19エンド付近。
次の機体で撮影を終了させると決め、帰り支度をしつつ、カメラを構える。

_TN20162.JPG

やっとランディングライトが点灯した機体を撮影できたと思たら、首脚ドアには見かけた番号。
良く見てみると、午前中に着陸シーンを撮影したJALのB767-346、JA8397であった。

_TN20170.JPG

午前中とは場所も違うので、イメージは異なるが、一日に2度撮影することになるとは・・・
次のカラーリングも発表され、いつまで見られるか分からないが、朱く染まった胴体が印象的。

_TN20176.JPG

JALの太陽のアークを見られるのもあと数年と言うことは・・・また、ここに通ってみるのも良いかも。
夏には、どんな風景になっているのか、想像し難いが、楽しみにしておこう。

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港に着陸するJALのB777-346 [航空機 - 民間機【JAL系列】]

陽も傾いた、新千歳空港の滑走路19エンド付近で撮影を続行することにする。
太陽が出ていても、なかなかの寒さではあったが、夕方になって、更に冷え込んできた。

_TN16786.JPG

遠くからのイメージではB767か、B777かの見分けがつき辛い、ところがあるが・・・
どうやら、主脚の形状からするに、B777の模様。

_TN20141.JPG

目の前まで近づいて来て、やっと機種が判別できた、B777-346、JA8942。
JALで2番目に納入された-300型機で、-200型のGE社製とは違う、PW4090エンジンを装着。

_TN20149.JPG

夕陽に照らされ、機体がほんのり朱く染まりつつ、最後に機首ダウンで着陸していく。
光線状況からするに、もうそろそろ、手持ちでの撮影は限界近いだろうか・・・

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港に着陸するJTAのB737-400 [航空機 - 民間機【JAL系列】]

段々と陽も傾いてきたので、航空自衛隊の千歳基地から、再び新千歳空港側へと戻る。
そして、先ほども居た、滑走路19エンド付近で撮影をすることとし、クルマを駐め、撮影の準備。

_TN16772.JPG

すると、那覇空港で見慣れた、日本トランスオーシャン航空の機体がアプローチしてきて、びっくり。
機体は737-4Q3、JA8939で、那覇を定置とする機体だが、どうやらJALエクスプレス運航の模様。

_TN20130.JPG

那覇を含めた沖縄からの直行便は無いので、時間帯から推察するに、羽田もしくは成田からの便。
JEXでの運航で、B737-400型だとすると、羽田からの便であろうという結論に達する。

_TN20132.JPG

雪が残る新千歳空港に、沖縄の機体だと、不思議な感じもするが、これはこれで、面白いか。
新千歳空港の撮影も楽しくて、良いな・・・

2011年2月:雪に覆われた新千歳空港に着陸するJALのB767-346 [航空機 - 民間機【JAL系列】]

新千歳空港のターミナルビルの反対側で、撮影スポットともなっている場所にて撮影。
氷点下の寒さに震え、クルマと外と、行ったり来たりしつつ、撮影を続ける。

_TN16629.JPG

そんな中、JALのB767-346、JA8397が滑走路19Lに着陸してきた。
改めて、那覇空港に慣れてなのか、離着陸する機体を、同じ視線で撮影できることが新鮮。

_TN20078.JPG

そういえば、JALはこの機体から、B767ではエンジンを切り替えたので、若干シルエットが異なる。
B747のエンジンに併せて、PW社のJT9Dを止め、GE社のCF6-80C2に切り替えたんだっけ・・・

2011年3月:国内最終運航となったJALのB747-446 [航空機 - 民間機【JAL系列】]

ついに、この時が来たかと思うと、ちょっと寂しくなるJALのB747-446の退役。
3月1日を持って海外便だと、ホノルル発JL75便、国内便だと沖縄発JL3098便を以て運航終了。

ということで、那覇まで進出して、国内運航最終便となるJL3098便を狙うことに。
3月1日の朝イチ便で沖縄に到着し、JAL側のスポットに駐機中のB747-446、JA8077を確認。

_TN24613.JPG

沖縄発、成田行のJL3098便は、定刻より遅めにスポットから離れ、エンドまでタキシング。
丁度、ANAのB747-481D、JA8964が着陸してきて、2ショットの撮影に成功。

_TN24623.JPG

沖縄らしいスカッとした青空を期待するも、残念ながらの曇り空。
パラパラと降っていた雨が、止んでいる現状で良しととするか。

_TN17225.JPG

機内では、パイロット達がチェック作業等を進め、離陸準備を進めている。
国内の定期運航便では最後となる離陸、どのような心境で待っているのであろうか。

_TN24642.JPG

着陸機が途切れたところで、ついにスレッジホールドへと入る機体。
昨日、発表され運航された鶴丸の新塗装は纏うことがないかと思うと、残念。

_TN24669.JPG

管制官のクリアランスと共に、4基のCF6-80Cエンジンのパワーが上げられ、滑走開始。
那覇で、JALが運用する最後のB747-400型機の離陸の時がきた。

_TN24674.JPG

あっと言う間に離陸し、パイロットと管制官の交信も、ちょっと寂しげ。
大きな機体が、鉛色の空に消えていった。
前の10件 | - 航空機 - 民間機【JAL系列】 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。