So-net無料ブログ作成
検索選択
航空機 - 軍用機 ブログトップ

2009年10月:嘉手納飛行場に展開するホーカー・ハンターF Mk.58 [航空機 - 軍用機]

嘉手納飛行場に、必要に応じ訓練支援として展開するホーカー・ハンターF Mk.58。
今回もが2機、米海軍の厚木航空施設から派遣されていた。

_TN11989.JPG

民間のレジを持つこの機体は、N321AX、N322AXが派遣されていた。
イギリスのホーカー・シドレー社製の曲線が綺麗なこの機のデザイン、好きなんだよなぁ。

_TN12005.JPG

ミサイルなどのシミュレートを実施するアメリカのATAC(Airborne Tactical Advantage Company)社。
暫く、厚木をベースに活動してるし、航空祭とかで展示してくれないかぁ。

_TN12014.JPG

右翼の増槽間に、青い物体が吊されている。
どうやらコレで、訓練を実施しているようだ。

2009年8月:このタイミングでは、モスクワエアショーは断念 [航空機 - 軍用機]

モスクワ近郊のジューコフスキー飛行場で開催される、モスクワエアショー“MAKS”。
程ほどに行く準備はしていたのだが・・・

DSC_0059.jpg

会社の海外渡航自粛令が解けず、結局断念することに・・・
悔しいなぁ。

2009年8月:今年のモスクワエアショーは如何に [航空機 - 軍用機]

2年に一度、開催されているロシアはモスクワ近郊で開かれるモスクワエアショー“MAKS”
ジュウコフスキー飛行場て開催される、MAKSでは度々、目玉となる飛行機が登場している。

su47_12lr.jpg

どうやら今年は新たな、飛行機が発表、展示されるらしいが・・・
さて、どうなるのであろうか。

2007 MAKS会場にて~大型ジェット輸送機Il-76のメンテナンス [航空機 - 軍用機]

2007年にロシアのジューコフスキー飛行場で開催された、2年に一度、各年開催されるMAKS
その会場で、メンテナンスを受けている模様の、Il-76大型ジェット輸送機。

DSCN0651.JPG

露天での整備作業のため、一瞬、放置された感もある・・・
さらに、4発エンジンの大型機だけあって、存在感はかなりある。

DSCN0653.JPG

近寄って見てみると、主脚をジャッキアップして、タイヤも外した状態での整備作業。
この機体、確か70t以上あったはずで、夏場の暑い時期に、屋外では、ジャッキがめり込んだりしないのか、一瞬不安にもなる。

うーん、ロシアの大らかさか・・・

2009年3月:嘉手納に展開したホーカー・ハンターF Mk.58 [航空機 - 軍用機]

嘉手納飛行場に、訓練支援としてホーカー・ハンターF Mk.58が米海軍の厚木航空施設から2機、派遣されていた。

_NSC7398.JPG

アメリカATAC(Airborne Tactical Advantage Company)社が元スイス空軍の機体を運用し、ミサイルなどのシミュレートを実施している。
普段は、厚木航空施設をベースとしており、遠征してきているようだ。

_NSC7988.JPG

この飛行機のベースは、イギリスのホーカー・シドレー社が開発した、単発のジェット戦闘機だ。
ブラックバーン バッカニアと並ぶ、イギリスらしい、曲線が綺麗な飛行機だ。

_NSC7997.JPG

第2次大戦が終了した数年後、開発が始まり、1951年に初飛行を実施した、かれこれ、60年近く前に設計された飛行機になる。
そんな機体が飛び続けている、アメリカの懐深さは、良きことだと思う。

_NSC8000.JPG

数日後には、ベースとしている厚木航空施設に還ってしまった様だ。
次は、久々に厚木にでも行ってみようか。

2009年1月:今年はMAKS、モスクワエアショーの年 [航空機 - 軍用機]

今年は奇数年なので、ロシアで行われるモスクワエアショー MAKSの開催年だ。
ということは、8月にモスクワに行くことは確かであろうから、モスクワ旅行は統合するべきか。

DSC_0063.JPG

開発の拠点であるジューコフスキー飛行場で開催されるMAKS
Su-27系列やMig-29系列のフライトが充実しているのも、ここならでは。

DSC_0030.JPG

そもそも、この世界景気での開催はあるのであろうか?

MAKS。と、ほぼ同時期に開催されるエアショーがある。
Red Bull Air Raceのハンガリー大会と、イギリスシルバーストーンで開催されるWAC
日程調整できれば、見に行こうかなぁ。

2009年1月:ラプターとイーグルを見に、沖縄へ行こう! [航空機 - 軍用機]

沖縄の、米空軍太平洋空軍傘下、第5空軍隷下の嘉手納飛行場
今年も1月10日から、最新鋭の第5世代の戦闘機、F-22Aラプターが展開配備されている。
今月から、3ヶ月程度の期間と言うことなので、とりあえず見に行くことにする。

それに、航空自衛隊那覇基地にも、新たな見所が増えた。
第7航空団の百里基地から、一部の第204飛行隊所属のF-15が移動し、配備された。
全機が移動し終えるのは、今期中ではあるが、まだ先のようだが・・・

2月初旬と、3月月初旬の2回分、航空券の予約、宿、レンタカーの手配をし、予約を済ませた。
ただ、飛行機見に行くだけじゃ、この時期の沖縄はもったいないよなぁ、なんて思いつつ。
もうそろそろ、2月辺りから、海開きではなかったか・・・

それに、百里基地にも第302飛行隊を見に行かねば・・・。
「行かねば」って、義務なのか??
来週あたり、行ってみるか。
航空機 - 軍用機 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。