So-net無料ブログ作成

2010年9月:仙台市消防ヘリポートまつり その3 [航空機 - その他]

仙台市消防局が所有するヘリポート、荒浜航空分署には、消防ヘリと県の防災ヘリが所属。
9月4日に行われた消防ヘリポートまつりで、所属機によるデモフライトを実施。

_TN28047.JPG

仙台市消防局所属のBK117B-2型、JA6698“仙台”がBell412EP、JA119T“けやき”と共に活躍。
後方には、先に離陸して滑走路へ向かう宮城県防災ヘリBK117-C2、JA612M“みやぎ”。

_TN28194.JPG

デモフライトでは、一気に4名の消防隊員のラペリング降下に向け準備中。
この構図を見る限りだと、スキッドを装備したヘリの方が、なにかと使い勝手が良さそう。

_TN28196.JPG

機体の左右からラペリング降下が開始され、消防隊員達が降り立っていく。
ヘリのダウンウォッシュでそれなりに揺れるだろうし、訓練が大変そう。

_TN10733.JPG

観客に向け、ご挨拶の様な前屈みの角度で進入し、機動性の高さの片鱗を魅せる。
そういえば、機体左のホイスト機材は、県のC-2型に装備されていた形状は、大分変更されていた。

_TN28532.JPG

一通りのデモ飛行を終了し、観客前のスポットへ着陸してくる。
この機体も、本年度で退役となり、新造のBell 412に更新されるとか。

_TN28571.JPG

退役を先に祝うがごとくの、ポンプ車による放水のアーチが演出されていた。
消防のヘリポートらしさを感じられる、良いイベントであった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。