So-net無料ブログ作成

2011年9月:三沢基地航空祭~救難デモ 救助開始篇 [航空機 - 航空自衛隊機]

晴天に恵まれた三沢基地航空祭は、多数の外来機を迎え、列線が賑わっていた。
千歳では2機のUH-60JとU-125Aでフライトデモを行った救難隊は、海を越えて展開中。

_TN11972.JPG

要救助者を発見すべく、周回飛行を行っていたU-125Aが何かを発見し、旋回。
そして、再度進入して、要救助者を確認し、救助を実施するUH-60Jへ直ちに連絡。

_TN11995.JPG

連絡を受けたUH-60Jは現場へと進出し、現場を確認し、旋回。
先月、千歳基地航空祭で見た機体で、右側の増槽の塗装が、前の塗り分け。

_TN12034.JPG

両側のスライドドアを開放し、両舷より降下用のロープを投下。
姿勢保持が安定しており、殆ど姿勢変化が見受けられない、素晴らしい操縦技術。

_TN12041.JPG

投下したロープを使用し、隊員2名がスライドドアから地上に向け、降下。
展開した2名のメディック達は、要救助者を確保すべく、移動。

_TN12062.JPG

メディック達を展開させたUH-60Jは、降下索を切り離し、ドアクローズ。
再び旋回をして、現場上空から一時離脱して、上空から作業を見守る。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。