So-net無料ブログ作成
航空機 - 航空自衛隊機 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

2011年8月:千歳基地航空祭~F-15編隊航過 [航空機 - 航空自衛隊機]

時間を空けつつ展開される、航空自衛隊 千歳基地の航空祭。
久々の千歳基地航空祭だけあって、こんなだったっけと改めて感じてみたり。

_TN11359.JPG

遠くからF-15の2部隊が所在する千歳基地らしく、F-15の編隊が近づいて来る。
このために、一気に離陸していくのも大変だろうと思ってみたり・・・

_TN27442.JPG

千歳基地所在のF-15が8機揃ってデルタ編隊での航過飛行。
F-15は大きな機体だけに、迫力があって、見応えもある。

_TN27447.JPG

燃料に余裕を持たせるためか、全機センターに増槽を1本着けての航過。
1パスだけだが、調整大変だったのだろう・・・

2011年8月:千歳基地航空祭~F-2B 機動飛行 [航空機 - 航空自衛隊機]

再びフライトパフォーマンスを見せる時間となった、航空自衛隊 千歳基地の航空祭。
民航機のトラフィックは一時的に止められ、安全確保がとられる。

_TN11277.JPG

離陸したのは、三沢基地に所在する第3航空団の第3飛行隊所属のF-2B戦闘機。
正面からの進入では、F-2の正面からの小ささをアピール。

_TN11302.JPG

連続した機動を魅せつつ、上昇し、多くのベイパーが発生。
何気に、この時期の千歳の気候は、迫力がある写真が撮れて良いかも。

_TN11311.JPG

迎え角を大きくとって、観客前を低速で航過し、性能をアピール。
そう言えば、センタータンク付きの機動飛行って、もてぎで見た以来かも。

_TN11327.JPG

観客の前を航過した後、新千歳空港側にアフターバーナーを点火し、旋回。
しなった翼前縁や翼端から多くのベイパーを発生させているのが印象的。

_TN11345.JPG

今度は逆方向にも旋回を見せ、米軍のF-16の不完全燃焼気味な気持ちを払拭。
那覇の墜落さえなかったら、もっとF-15の機動飛行も見られたのかなぁ・・・

2011年8月:千歳基地航空祭~用廃となったF-4EJ改戦闘機 [航空機 - 航空自衛隊機]

恵まれた天候の中行われた、新千歳空港に隣接した航空自衛隊 千歳基地の航空祭。
一つの話題となっていたのが、1974年にここ第2航空団隷下で発足した第302飛行隊の機体の引退。
その所属機体が北から南、そして再び戻って千歳基地のゲートガードとなろうとしている。

_TN27448.JPG

千歳基地から1985年に那覇基地へ、そして2008年年に百里基地へと移動した第302飛行隊。
F-4EJは初期の機体は1971年導入、最終は1981年だから、すでに40年余りもが経過。
F-4EJ改も1989年から1993年までに90機が改修され、それも20年程が経過している。

_TN27499.JPG

確かに減勢して、2個飛行隊を残すばかりで、完全退役まであと僅かなのは確か。
とは言っても、好きな機体が引退、用廃とされていくのは寂しい限り。
あとどれ位、この機体を撮影することができるのであろうかと思うと、たまには百里に行ってみるか。

2011年8月:千歳基地航空祭~政府専用機 航過飛行 [航空機 - 航空自衛隊機]

13年振りに出撃した航空自衛隊 千歳基地航空祭。
震災後、初の自衛隊のエアショーでもあるので、どんな プログラムになるか気になるところ。

_TN27421.JPG

ここ千歳基地には、特別航空輸送隊の第701飛行隊が所在し、B747-47Cが2機運用されている。
で、航空祭でフライトがあるのが魅力的で、予てより一度は見てみたかった。

_TN11199.JPG

水平飛行でB747が撮影できるのも珍しいし、好きなB747となったら尚更。
この大型の機体がある程度の機動飛行してくれたらなぁ・・・

_TN27425.JPG

両脇をF-15とU-125Aに固められ、フォーメーションで航過。
なんか、エスコートされている様な感じで、千歳ならではのカット。

_TN27431.JPG

改めてU-125Aとのサイズを見比べても、機体の大きさが際立つ。
う~ん、もっと撮影したいが、どうやらこれでこの機体のフライトは終了の模様。

_TN27433.JPG

他機のデモンストレーションが終了後に千歳基地に着陸してくる。
朝からのフライトで、どんだけ燃料使ったのだろうか。

2011年8月:千歳基地航空祭~F-15機動飛行 [航空機 - 航空自衛隊機]

北の要衝となる千歳基地の航空祭に、日帰りで参戦することに。
以前はエアショーチームの一員として訪問したので、一般としては勝手が分からない。

_TN11061.JPG

千歳基地にて第203飛行隊と共に守りに就く、第201飛行隊のF-15Jが2機離陸。
フォーメーションで離陸し、これからの機動飛行に入っていく模様。

_TN11065.JPG

僚機と共に離陸した1機は上昇、そしてもう1機が左方向へブレークしていく。
この時点で、単機の機動を予想していたので、全景を捉えられず・・・

_TN11076.JPG

上昇後はアフターバーナーを点火し、翼を撓らせつつ、360°ターンを見せつける。
久々に聴くF100エンジンのサウンド、そして伝わる破壊的な空気の振動は、痺れる。

_TN11079.JPG

機体上面を観客に見せ、速度を落としつつ航過していく。
プロペラ機とジェット機では翼の使い方が違うので、ジェット機だと大変だろうと心配してしまう。

_TN11113.JPG

360°ターンを魅せ、そして主翼前面からベイパーを発生させつつ、旋回を継続。
やっぱり南千歳駅付近の基地外周から撮影する方が、正解だったかも。

_TN11122.JPG

再びアフターバーナーを点火し、上昇体勢へ。
主翼だけではなく、水平尾翼からも激し動きのため、ベイパーが発生。

_TN11178.JPG

連携良く、絶え間なくフライトパフォーマンスを魅せた両機がフォーメーション航過。
久々に見るF-15の動きも良いものだなぁ・・・

_TN11184.JPG

那覇での一件があっただけに、フライトがあるか、制限されていないか心配だったが、杞憂か。
小松とかの航空祭も行きたくなってきた・・・

2011年8月:千歳基地航空祭~航過飛行後、着陸 [航空機 - 航空自衛隊機]

急遽、日帰りで見に行くことに決めて臨んだ千歳基地航空祭。
こんな感じだったかと、昔の記憶を手繰り寄せようとも、戻ってこない。

_TN11036.JPG

先ず、降りてきたのは、三沢から飛来してるF-2B。
松島の訓練も含め、複座型は遣り繰りが厳しいだろうに・・・

_TN11041.JPG

続いて着陸してきたのは、千歳でも活躍した第302飛行隊のF-4EJ改 345号機。
両翼の増槽が印象的で、この頃のセンタータンクに比べ、なんか懐かしい感じがする。

_TN11045.JPG

そして、第201飛行隊のF-15Jが続いて着陸してくる。
フライト時間が長かったのか、3本の増槽を装備しており、フェリーフライトを思わせる。

_TN11057.JPG

続いては、第203飛行隊のF-15Jも増槽3本仕様でのフライト。
後方には隣の新千歳空港に着陸するJALのB777がアプローチ中。

2011年8月:千歳基地航空祭~航過飛行 [航空機 - 航空自衛隊機]

千歳基地航空祭にジェット機のサウンドを求め、日帰りで強行出撃。
良く考えると、千歳の航空祭は某エアショーチームで来た時以来だから、実に13年ぶり。

_TN10998.JPG

救難デモ終了後は、基地所属機をメインとした航過飛行が行われる。
先陣は第201、203飛行隊から1機ずつのT-4が務める。

_TN11003.JPG

続いては、三沢からのF-2Bが単機で続く。
高度が高すぎて、こんなお腹の写真にしかならない・・・

_TN11007.JPG

続いては、千歳でも活躍した第302飛行隊のF-4EJ改が第201飛行隊のF-15を引き連れて航過。
このF-4EJ 345号機はこの後の着陸をもって用廃となり、千歳基地のゲートガードとなる。

_TN11010.JPG

良くF-4EJを見ると、センタータンク仕様ではなく、両翼に増槽を付けての当時を思わせる姿。
きちんと主翼下にはミサイル用のパイロンも装着され、最後の刻が待ち受けている。

_TN11015.JPG

第203飛行隊のF-15が航過すると、今回の目的としていた政府専用機が登場。
冬にはニュージーランドに行くことで、撮影ができなかっただけに、捕獲できて、ちょっと嬉しい。

_TN27405.JPG

ふと思い出すと、これまた十数年前の航空観閲式でこの機体を見た限りだから、かなり久々。
昔みたく、2機揃っての航過など、してくれないかなぁ・・・

_TN11029.JPG

大きくバンクを取って、次の航過飛行に備えて待機エリアへと機首を向ける。
あと何年見られるか微妙だけに、キチンと撮影しておかねば。

2011年8月:千歳基地航空祭~救難デモ [航空機 - 航空自衛隊機]

羽田からの朝イチ便で新千歳空港に到着し、JR、シャトルバスと乗り継ぎ、千歳基地の中へ。
バス待ち中には、慰霊飛行、オープニングフライトを眺めつつ、光線状況が気になる・・・

_TN10830.JPG

基地内に到着後は、救難のデモンストレーションが行われ、UH-60J×2機、U-125A×1機が登場。
UH-60Jの1機は、センサーや自己防衛機器が装着された機体だが・・・違和感が。

_TN10839.JPG

上空にはTIEのターレットが露出されたU-125Aが旋回しつつ、支援を行う。
なんだか、久々の速度域と距離感なので、ちょっと気を抜くと、フレームアウトしてしまう。

_TN10858.JPG

そう言えば、冬場には黄・白の塗装パターンの機体も居たはずだが、転出した模様。
2機のUH-60Jは、メディックの降下パターンをそれぞれで変える良く考えられた展示。

_TN10867.JPG

2機並んで改めて良く見ると、先ほど感じた違和感が判明。
左右の増槽の塗装が旧塗装と、新塗装と、それぞればらばら。

_TN10946.JPG

後で確認したところ、増槽の塗装が違うのは、機体判別の為ではなく、たまたまとのこと。
後方には、新千歳空港にアプローチする、地元北海道のAIR DOのB767がアプローチ。

_TN10845.JPG

何度、上空を旋回していたかも分からない位のU-125Aは、デモ終了後は基地から離脱。
どうやら、この後の航過飛行に備えの模様で、朝から長めのフライトに。

2011年3月:那覇基地に着陸する第304飛行隊のF-15J [航空機 - 航空自衛隊機]

昼食を済ませ、再び那覇空港を見渡す、瀬長島付近へと向かう。
天候も微妙なので、イマイチ気分も乗らないので、適当に切り上げようとの心づもり。

_TN17308.JPG

フォーメーションを組んだまま、着陸してくる2機のF-15J。
でも、いつもとはコールサインが違うので、あれ?と思いながら、待ち構える。

_TN24749.JPG

近くまで来て、福岡県の築城基地に所属する、第304飛行隊所属の機体と判明。
この部隊の機体、撮影したのは、えらい久々かも。

_TN24753.JPG

対抗となる機体は上がっていなかったので、どのような訓練が行われたのだろうか。
それにしても、天候がイマイチだって事が悔やまれる。

_TN24760.JPG

今日の天候の回復は見込めなそうなので、ここ数日、滞在してくれることを願う。
滞在中、再び撮影出来るかどうか、賭けてみるか。

2011年3月:那覇基地に着陸する南西航空混成団のT-4 [航空機 - 航空自衛隊機]

那覇空港に到着し、手早く荷物をピックアップして、レンタカー屋へと向かう。
JALのインター機材の出発時間も迫っているので、手早く進め、再び那覇空港付近へ移動。
先ほど確認したB747-446、JA8077が成田に飛ぶのを撮るべく、いつもの瀬長島付近に到達。

_TN17214.JPG

丁度、瀬長島付近に到着したタイミングで、南西航空混成団のT-4がアプローチ。
幸先良いかもなんて思いつつも、長玉のみの準備で、こんなカットのみ。
今日は、どんな機体が撮影できるのであろうか、楽しみだ。
前の10件 | 次の10件 航空機 - 航空自衛隊機 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。